大阪大学基礎工学部システム科学科 生物工学コース

トップページ
▼コース情報
生物工学コースとは?
教員リスト
研究室紹介
セミナー・催し
アクセスマップ
生物工学事務室
▼高校生・受験生
入試情報
阪大生活のヒント
コースの4年間
▼在校生
カリキュラム
授業関連テキスト
卒業研究
求人情報・進路
大学院入試情報
お薦めの本
困ったときには
▼沿革と同窓生
アルバム
活躍する卒業生たち
同窓会
▼大学院リンク

生命機能研究科

基礎工・生体工学領域
基礎工学部・研究科
▼大学内リンク
大阪大学
KOAN
教育実践センター
サイバーメディア
附属図書館
スクールバス


生物工学コースでは,基礎工学研究科と生命機能研究科の教員によって教育と研究を行っています.



三宅研究室(細胞システム工学グループ)
http://www.bpe.es.osaka-u.ac.jp/miyake/
機械学習(ディープラーニング)を用いたヒトとロボットの認識共有、遺伝的変異・人類移動、タンパク質の立体構造、細胞の分化誘導の判定などの人工知能技術と、分光学を用いた細胞解析、生体表面の反射特性・散乱特性の計測や解析、さらにエントロピー工学としてのバイオ水素生産を研究しています。

野村研究室(バイオダイナミクスグループ)
http://www3.bpe.es.osaka-u.ac.jp
私たちは,生体の状態の時間変化,すなわちバイオダイナミクスと,生体機能発現の関係を明らかにすることを目指しています.特に,歩行運動,心臓拍動,神経興奮など,動的安定性を示すダイナミクスとその不安定化に着目し,対応する生体計測,現象の数理モデル化,モデルの数学解析,および結果の生理学的解釈を行っています.また,得られた知見の医学応用も目指しています.

大城研究室(バイオイメージンググループ)
http://oshiro.bpe.es.osaka-u.ac.jp
からだの中をCGを使って立体的に見せたり,バーチャルリアリティを用いて触れるような研究をしています.


大澤研究室(視覚神経科学グループ)
http://ohzawa-lab.bpe.es.osaka-u.ac.jp
脳の神経回路の構造と情報処理の仕組みを明かにするために,動物を使った生理学的実験と神経回路モデルによる合成的手法を併用して研究を行っています.とくに大脳が行なう視覚情報処理に関する研究を通じて,人間をはじめとする生物のさまざまな機能を工学的に理解することを目的としています.

石島研究室(生体機能分子計測グループ)
http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/labs/ishijima/
ナノスケールの生体分子の動作原理を解明するために、ナノメートル、ピコニュートンオーダーで生体分子の運動を生きたまま計測する、1分子計測、1分子イメージング装置の開発を行っています。これらの計測装置を用いて、アクトミオシンモーター、バクテリアべん毛モーターなどの運動タンパクの動作原理、情報伝達機構の解明を目指しています。

藤田研究室(認知脳科学グループ)
http://www2.bpe.es.osaka-u.ac.jp
視覚を例にとって、知覚(ものが見える)、認識(見えたものが何であるかわかる),意識(見えたことが感じられる)などの高度脳機能のメカニズムを研究しています.サルやヒトなどの霊長類において、このふしぎなできごとを可能にしている脳のつくりとしくみがどのようなものであるかを明らかにしようとしています。

倉橋研究室(感覚情報変換グループ)
http://saturn.bpe.es.osaka-u.ac.jp/kura_pub/kurahasi.html
嗅覚,味覚,視覚等の感覚受容細胞における外界刺激の細胞電気応答への情報変換の分子メカニズムを研究しています.また,これらの感覚受容分子機構が関わると考えられる心理学的現象の解析も行っています.その他,原生動物の行動・刺激受容,培養神経細胞ネットワークの形成機構と情報処理原理の研究を行っています.

山本研究室(細胞分子神経生物学グループ)
http://www.fbs.osaka-u.ac.jp/~neurobiol/
大脳皮質の神経回路形成に着目して,その細胞分子メカニズムを明らかにする研究を行っています.大脳皮質切片の組織培養系の開発,生化学的手法と遺伝子工学的手法を通じて,長期的に変化する軸索成長・枝分かれ・シナプス形成の解析を進めています.

Image
Copyright 2008-2012 Osaka University All rights reserved.